車買取

車買取 おすすめ

 

車を買い替えるとき、ディーラーの下取りだけで愛車の価値を判断していませんか。

 

 

車買取 おすすめ 車買取り業者

 

もうかなり知れ渡っているので言うまでもないかもしれませんが、車買取り業者に査定してもらうという方法もあります。

 

忙しいから、そんな車買取り業者の査定に付き合っている時間は無いという意見もあるでしょうが…。

 

 

車買取り業者の査定のほうが、ディーラーの下取り査定よりも数十万円高かったという事例が多くみられます。

 

 

ディーラーの下取りだけで愛車の価値を判断していたらもったいないですね。

 

 

車の売却を検討されている方で、無料でできる一括査定の経験のない人は一度試してみてください。

 

テレビCMでもおなじみ、ナビクルの公式サイトはこちらです。↓↓↓

ナビクル車査定

 

 

車買取 おすすめ オークション

 

無料の車買取一括査定は、インターネットで申し込んだその瞬間に車買取り業者から電話がかかってきます。

 

 

人気車種であれば10社、そうでない場合だと数社から電話がかかってくるので、その対応が面倒くさいと思われる方もいらっしゃることでしょう。

 

 

そういう方へは、ユーカーパックがおすすめです。

 

オークションで最大5,000!の対象の業者があなたの車を査定するという

ユーカーパックの公式サイトは↓↓こちらから↓↓

かんたん、安心、高く売れる!車が高く売りたいならユーカーパックにお任せ!

 

 

ユーカーパックに依頼すると、車買取り査定業者から次々に電話がかかることはありません。

 

 

ユーカーパックとその査定業者と都合の良い日を調整して、1回だけ車の査定を受ければOKです。

 

 

その査定の情報を基に、オークション最大5,000!の対象の業者があなたの車を獲得するために競ってくれます。

 

 

オークションですが、あなたの車の最低落札額は、あなたが決めることもできます。

 

 

思っていたよりも安い金額でしか入札がなかった場合は、無理して売却する必要もありません。

 

それから、オークションで結果が出るまで、あなたの車はそれまで通り使えます。

 

だから、めちゃくちゃ安い金額で引き取られるんじゃない?とか、査定からオークションの間は車が使えなくて不便になるんじゃない?とかいう心配もありません。

 

 

高値で引き取りたいという業者がきっとあるはず、ユーカーパックの公式サイトは

↓↓こちらから↓↓

かんたん、安心、高く売れる!車が高く売りたいならユーカーパックにお任せ!

 

 

車買取 おすすめ 3月

 

3月は年度末で、企業によっては1年を締めくくる重要な月になります。

 

 

これは、自動車業界も例外ではなく、最終月にたくさんの自動車を販売して、良い1年としたいという気持ちが働きます。

 

 

この気持ちの表れが価格に反映するため、決算時期と呼ばれる年度末は、のんびりなんかしていられません。

 

 

自動車の買い替えを検討されている方は、まさにこの決算時期は見逃せなく、現在の愛車を少しでも高く売り、次の購入する自動車を少しでも安く買うチャンスです!

 

 

実は、1月から3月は、新生活を迎える方の旅立ちのときですので、社会人となるから自動車を購入、転勤になったので自動車が必要など、新車・中古車問わず、自動車が売れる時期でもありますので、自動車販売業者は、1台でも多くの良車を手に入れたいのです。

 

 

自動車業界の決算と相まって、業界は販売だけではなく、仕入れにも力を入れる時期となりますので、3月は「買い時!」「売り時!」なのです。

 

 

しつこくなってきましたが、このような理由から自動車の買い替えを検討されている方には、とてもハッピーな時期です。

 

 

この機会を逃さないように。

 

 

そんな時期だから、たった1度、車買取査定を受けるだけで、最大5,000!の対象の車買取業者がオークションで競い合うユーカーパックがおすすめです!

 

かんたん、安心、高く売れる!車が高く売りたいならユーカーパックにお任せ!

 

 

トヨタ ヴォクシーの人気グレードや装備・トヨタ ヴォクシーの買取査定

 

 

 

車買取 おすすめ10万キロを超えたクルマ

 

クルマの寿命は、誰が言い始めたのか10万キロという説が広く一般的になってしまいました。

 

 

そのため、中古車を購入する場合も、走行距離が10万キロを超えたクルマは選ばない人が増えています。

 

 

ということは、10万キロを超えると、需要が極端に減ることから買取査定もシビアになってきます。

 

 

しかし、この10万キロの定義は、かつてタイミングベルトが10万キロ交換から来ているところがあります。

 

 

現在のクルマはタイミングベルトを使用をしていないので、交換の必要はありません。

 

 

そして、現在のクルマの寿命は、タイミングベルト交換を余儀なくされていたころのクルマと比べると、格段に寿命が伸びていて、10万キロ程度で廃車にするのはもったいないです。

 

 

ただ、10万キロという概念ができてしまった日本では、どうしても10万キロ以上走行したクルマの価値は無いに等しくなる傾向にあります。

 

中古車ならgoo-net(グーネット) 中古車情報 中古車検索

 

そこで、10万キロで買取価格に納得できない場合は、海外輸出に強い業者で査定を行ってみましょう。

 

 

ただし、海外で人気の車種は。日本とは異なります。

 

 

日本ではハイブリッドの人気が高く、中古車市場でも多く取引をされています。

 

 

しかし、海外ではハイブリッドというだけではあまり人気がありません。

 

 

悪路走破性に優れたSUVに高い人気があります。

 

中古車ならgoo-net(グーネット) 中古車情報 中古車検索

 

そこで、ガソリン車、もしくはディーゼル車に乗っている方や、本格SUVに乗っていれば、海外に販路をもつ業者の門をたたくことをお勧めします。

 

輸出車専門店【ENG】

 

 

買取業者で良い査定が得られない場合は、廃車買取に相談すると良いかもしれません。

 

廃車買取査定

 

廃車買取であれば、クルマをパーツとして査定を行うので、少なからず査定価格が付く可能性があります。

 

 

また、処分料もかからず、税金が残っていれば全て無料で代行してもらえるので、過走行で売却に悩んでいるなら、廃車買取の利用をお勧めします。

 


車買取 査定

 

車買取り査定の高評価を見据えて、暑い夏を乗り切ったボディをいたわろう。

 

 

酷暑の夏もやっと終わり、過ごしやすい秋がやってきました。

 

 

そこで、この過ごしやすい時期に、ぜひ車のボディの手入れをおすすめします。

 

 

というのも、暑い夏の時期は車のボディも、その直射日光でかなりのダメージを受けています。

 

 

正確に言えば、強い紫外線により塗装の劣化が進んでいるということになります。

 

 

どうしても紫外線により塗装の分子結合が破壊され劣化が進んできますので、日ごろのメンテナンスが重要となっていきます。

 

 

実際には、屋根付き車庫に車が保管できれば良いのですが、青空駐車の方がほとんどでしょうし、外出時には屋根付きで駐車させておくことはかなり不可能に近いことでしょう。

 

 

そこで、真夏の強い紫外線がボディにダメージを与えていますから、塗装表面をきれいにしてコーティングするとよくなります。

 

 

また、コーティングをしてあるクルマも、コーティングの劣化が進むとこの紫外線の影響が強くなりますから、メンテナンスをしっかり行うことが重要になります。

 

 

初期に塗装表面の不具合として多くみられるのが、イオンデポジットです。

 

 

このイオンデポジットは、雨やカリウムやマグネシウムなどのミネラルが多い井戸水で洗車すると白くボディにシミを作ります。

 

 

このイオンデポジットをきれいにするには、かつてはコンパウンドで磨いてきれいにするしか方法がありませんでした。

 

 

そのため、コンパウンドの使い方に慣れない方が使うと、塗装を削りすぎて下地を出してしまうトラブルを起こしていました。

 

 

しかし最近では、薬剤で溶かして綺麗にする商品がでていて、コンパウンドより塗装面に優しいので、コンパウンドの作業に慣れていない方でも使いやすくなっています。

 

 

このイオンデポジットが除去出来たら、コーティングをして塗装を保護すれば、夏の暑さで疲れた塗装の保護の完了です。

 

 

イオンデポジットは、放置すると浸食が進み、最悪はウォータースポットとなり再塗装が必要となるほど塗装が痛みますから、早めの対処が大事になります。

 

 

これからの作業のしやすい季節に愛車のボディをメンテナンスして、いつまでも美しいボディを保てると、車買取の査定もアップするかも。

 

かんたん、安心、高く売れる!車が高く売りたいならユーカーパックにお任せ!

 

 

車買取 査定 店頭価格

 

 

車買取の査定に依頼して、その車が自宅近くの中古車店で買い取った価格よりかなりの高額で売られていることに腹を立てたことがあるという人もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

実際、ネット上の書き込みでも「車の買い取りでぼられた」といった声も見かけます。

 

 

例えば、100万円で買い取ってもらった車が、店頭で160万円ほどの価格で売られることも珍しいことではありません。

 

 

ではなぜ車の買い取り価格と販売価格にこれほどの差が出るのでしょうか。

 

 

車は、買い取ったその日がその車にとって一番高値の時になります。

 

そして、日を追うごとに価格はどんどん下がっていきます。

 

 

また、車を買い取ってそのまま現状で販売されることはほぼありません。

 

 

どんな中古車店でも最低掃除や簡単な整備を行います。

 

 

買い取ったクルマは、前のオーナーの痕跡を消すために、多くの作業を行う必要があります。

 

それは、次に買う人が前のオーナーが使っていた痕跡があるようでは、購入対象としてもらえないからです。

 

 

そこで、掃除はかなり入念に行い、場合によっては専門のカークリーニング業者に依頼している中古車店もあるほどです。

 

 

そして整備ですが、これは後でクレームの対象とならないように大手の中古車店では入念に車の状態をチェックします。

 

 

このように店頭に並ぶまでには、多くの作業があります。

 

 

しかし、この手間賃だけで60万円は高いと感じることでしょう。

 

 

それは、売れるまでの展示場の家賃や税金、そして従業員の給料も計算に入れないといけませんから、それら経費を入れると6割り増しにもなります。

 

 

一般に、企業でも売り上げを上げるには一人の給料の3倍稼がなければ利益が出ないと言われています。

 

 

中古車業界もこれと同じで、1台仕入れて売れるまでには多くのコストがかかるので、実際6割増しでもトントンの中古車屋さんが多いのです。

 

 

しかも買取ってすぐに売れればよいですが、クルマを在庫として抱え、2か月や3か月眠らせておくと、中古車相場も下がり、160万円で売れなくなり赤字となることもあります。

 

 

店頭価格と買取価格に差がありすぎと思われがちですが、暴利をむさぼっているわけではないのです。

 

かんたん、安心、高く売れる!車が高く売りたいならユーカーパックにお任せ!


車買取 新型コロナウィルス

 

新型コロナウィルス蔓延で中古車買取はどうなっているのでしょうか。

 

 

新型コロナウィルスが世界中で感染拡大し、日本でも感染終息の兆しが全く見えません。

 

 

当然自動車産業にも大きな影響が懸念され、新車の納期に遅れが出てきています。

 

 

特に3月は、自動車業界にとって決算月となり新車販売台数が1年の中で1番多くなる時期でもあります。

 

 

それで、この時期にクルマを購入してきた人も多いでしょう。

 

 

そこで一つの問題となるのが、この時期に車検を取るか買い替えをするか迷ってきた人とになります。

 

 

新車の納期が遅れているとなれば、車検が迫った人が新車購入しても車検が切れる前に納車されなければクルマがない生活を強いられる可能性もあります。

 

 

そこで、この時期に新車に乗り替えてきた人の選択は、新車購入を諦め今のクルマの車検を取って乗り続けるという選択になるでしょう。

 

 

そして、本来クルマを買い替えるときに下取りや買取に出されるはずだったクルマはかなり減少することとなるでしょう。

 

 

しかし、マイカーは新型コロナウィルスにとっても強い移動手段です。

 

 

それはすでに海外から日本に入国した人が移動手段にマイカーかレンタカー以外の使用を認めていないことからも、今後日本で感染拡大が広がればマイカーの需要が高くなることが予想されます。

 

 

マイカーであれば、不特定多数の人と接触せずに遠くまで移動できるメリットがあり、しかも移動時間も自由に決めるメリットがあります。

 

 

ただ、マイカーを持つということは、経済的にゆとりがなければ難しいので、これから経済不況が広がれば、逆にマイカーを持つこともできない人も増えてくるかもしれません。

 

 

そうすると、新車購入を諦め中古車購入にシフトしていた人たちも、経済状況の悪化からマイカーを手放すことも予想されます。

 

 

仮に、新車生産がままならなくなり、一時的に中古車市場に流れたお客さん達も、また買取店にマイカーを売却し、マイカーの所有を諦める人が増えてくる可能性もあります。

 

 

このような事態になると、新車は市場から少なくなり、逆に中古車が市場に溢れる現象が起きる可能性があります。

 

 

ということは、このままの状況が長引けば中古車過多となり、今度は買取価格の下落も予想されます。

 

 

これは、かつてのリーマンショックの時によく似た現象です。

 

 

リーマンショックの時も、新車購入より中古車の需要が高まりましたが、経済不況から販売台数が低迷し、中古車価格が下落しました。

 

 

そして当然中古車価格が下落したので、買取価格も下落し、中古車業界に大きな被害が出ました。

 

 

今回の新型コロナウィルスも、これと同じかもっと大きな問題になる可能性があります。

 

 

クルマの売却を検討しているのであれば、早めの行動が良いですね。

 

完全無料で最大10社の査定額を比較できるズバット車買取比較

ズバット車買取比較の公式サイトは↓↓こちらから↓↓

ズバット車買取比較

 

オークションで最大5,000!の対象の業者があなたの車を査定するという

ユーカーパックの公式サイトは↓↓こちらから↓↓

かんたん、安心、高く売れる!車が高く売りたいならユーカーパックにお任せ!


車買取 車を長く乗り続ける

 

車を長く乗り続ける

 

 

最近の新車は、とにかく高くなりました。

 

 

軽自動車でも新車で購入すると乗り出しまでに200万円を用意することは普通となってきています。

 

 

普通車では300万円は軽く超えてしまい、400万円は用意しなければ乗れないクルマも多くなりました。

 

 

これは安全運転支援システムなど最新テクノロジーがふんだんに使用されているせいで、近年こういったテクノロジーがクルマにフィードバックされるほど新車価格は高くなっています。

 

 

消費税が10%に上がり、新車価格が400万円とすれば40万円も消費税がかかり、金額が高くなるほど大きな出費となってきました。

 

 

そこで考えたいのが、一度買った新車を今までのように3年などの短いサイクルではなく、できるだけ長く乗り続けるということです。

 

 

日本では、10万キロメートルの走行距離が節目とされて、10万キロメートル走行するとクルマは使えなくなると思っている人もいるほどです。

 

 

しかし、クルマは10万キロメートル走行したくらいで使えなくなることはなく、メンテナンスを行っていれば20万キロメートルも30万キロメートルも問題なく走行することができます。

 

 

日本には2年に1度の車検がありますが、この車検で整備される項目と車を長く乗り続けるために行う整備は、重複する部分もありますが、全く車検でノータッチとなる部分もあります。

 

 

そこで、車を長く乗り続けるには、車の主治医を持つことです。

 

 

人が人間ドックに入るように、車も定期的に車検整備とは別の点検を行うことが重要になります。

 

 

たとえば、1年1万キロとした場合、新車で購入すれば10万キロメートルで10年、20万キロメートル乗れば20年、長く乗り続けることもできます。

 

 

車と上手に付き合うには、生活設計が一番重要となりますね。

 

 

新車で購入し、3年後の車検の前に乗り換えるというのもありです。

 

 

車検費用や税金の支払いが抑えられ、車の査定の評価も高くなります。

 

 


認定中古車と一般中古車

 

認定中古車と一般中古車というのを目にすることがあります。

 

 

中古車販売店には、認定中古車とうたって販売している中古車とそうでない中古車があります。

 

 

この違いは、大手中古車販売店が独自の基準で中古車を査定してランク付けを行い、良質な中古車のみを認定中古車として販売している場合があります。

 

 

しかし、認定中古車だから壊れないというわけではなく、また反対に認定中古車でないからその中古車に不具合があるかといえばそういうわけでもありません。

 

 

認定中古車を販売する店では、差をつけるために、中古車に対して新車のような保証制度を設けていることを前面に出しているところもあります。

 

 

中古車なので新車のような長い期間保証されるわけではありません。

 

 

最近は一般の中古車にも中古車販売店独自に開発された保証制度があります。

 

 

 

認定中古車は、メーカー系の中古車店ほど中古車価格が高い傾向です。

 

 

メーカーが独自に仕入れてきちんと整備して売っているから高いといっても間違いではありません。

 

 

実は、この高い理由には中古車流通の仕方が大きくかかわっています。

 

 

例えば、一般的に中古車の仕入れは、オークション会場から中古車を仕入れて店頭で販売しますが、メーカー系では、同じメーカーの中だけのオークションで車を取り扱うこともあります。

 

 

顧客が新車で買ってから下取りに出して流通させるまで、同じディーラーで面倒を見ていることであり、結果、全国の同じような顧客のクルマが同じメーカー系の中古車として流通しています。

 

 

そのため、メーカー系の認定中古車は、ディーラーで整備されてきたクルマがほとんどで、状態が良いクルマとして販売され、価格も高い傾向になっています。

 

 

では一般中古車はというと、オークションで検査員が査定しランク付けをされたクルマに、業者がそれ相応の値段をつけて落札するシステムですから、とうぜん程度が良いと査定時のランクが上がって価格が高くなります。

 

 

ただオークションで査定されるのは、あくまでも外観や内装の程度であり、機関の状態や装備の状態がどの程度安定しているかは査定されません。

 

 

さて、このオークションで購入した中古車は、一般の中古車店で整備され悪いところは補修、そして整備されて独自の保証制度をつけられて店頭で販売されます。

 

 

中古車選びでは、個々の価値観の違いからどの程度の査定が許容されるか変わってきます。

 

 

もし、完璧を求めるなら中古車に手を出さないほうが良いかもしれません。

 

 

中古車は新車価格よりかなり安く買えるので、短いサイクルで違った車に乗り続けることができるのも魅力です。

 


廃車 どうするか

 

廃車の車をどうするか

 

自宅に動かないクルマを抱えている家庭は、多くあります。

 

 

特に地方の広い土地を持っている家庭には、かなりの割合で不動車となったクルマが鎮座しています。

 

 

確かに土地が広く、置く場所に困らなければナンバーを外すことで、税金の心配もないので気にしている方は少ないかもしれません。

 

 

 

しかし、今まで動いていた車が急に故障して走行不能となるケースもあります。

 

 

修理して乗るには金額がかかりすぎ、車の価値からして修理するのも躊躇してしまう場合もあるでしょう。

 

 

そういう車は、買取り店に査定を依頼しても、値が付かないことがほとんどです。

 

 

 

一般的に車は、公道を走行できなければ、ほとんど価値はありません。

 

 

そのため、買取り店に査定を依頼しても、故障して走れないような状態では値が付かないのです。

 

 

 

そこで、動かなくなってしまった車をどうするか…。

 

 

この場合、廃車にすることを考えます。

 

 

一般的に廃車にする場合、新たに車を購入するディーラーや、中古車店で廃車手続きを行ってもらうのが普通でしょう。

 

 

確かに、車を購入時に不動車の処分を行ってもらえるなら手間がかからないので廃車手続きをお願いする人も多くなるのもわかります。

 

 

しかし、新車ディーラーや中古車店では、廃車手数料という名目で処分料を取られることがほとんどです。

 

 

せっかく車を安く購入できたとしても、廃車で出費があったのではもったいないことをしてしまいます。

 

 

そこで、不動車の処分でぜひ利用してほしいのが、廃車買取です。

 

廃車買取査定

 

 

廃車買取は事故車でも水没車でも、動かなくなった車を引き取ってもらえます。

 

 

そして場合によっては、動かなくなった車に値段が付き、買い取ってもらえます。

 

 

このほか、他の業者では有料だった手続き費用が全て無料で行ってもらえ、還付される税金についても詳しく教えてもらえます。

 

 

動かなくなった車が自宅にあり処分に困っている方は、一度廃車買取業者に問い合わせてみるのはいかがでしょう。

 

廃車買取査定


雪道走行に便利

 

雪道走行に便利なクルマに積んでおくと便利なもの

 

 

雪道は、非常に滑りやすいので、当然冬用タイヤの装着が基本です。

 

 

しかし、突然のゲリラ雪に見舞われたときには、道路状況があっという間に変化してスタッドレスタイヤでも走行に支障が出ることも珍しくありません。

 

 

雪道を走行するのに、街中であればスタックして動けなくなっても周りの人の助けをかりて、その場を切り抜けることも可能です。

 

 

しかし、日本の道路は山岳道路も多く、峠を走る機会も多くなることでしょう。

 

 

そんな時には雪道でスタックしたクルマから自力で脱出する装備が必要となります。

 

 

雪道で重要な装備の一つとしてタイヤチェーンがあります。

 

 

 

タイヤチェーンは金属チェーンと非金属チェーンと呼ばれるチェーンの2種類に分けられますが、タイヤへの装着のしやすさは、非装着チェーンが簡単といわれています。

 

 

しかし、タイヤチェーンのセットに入っている装備品では、簡易的な手袋などしか入っていないので、衣服の汚れなどが気になるでしょう。

 

 

そこで、タイヤチェーンと一緒に準備しておきたいのが雨合羽です。

 

 

その中でも上下揃ったカッパをぜひ準備してください。そして厚手のゴム手袋と長靴の装備も忘れることはできません。

 

 

 

タイヤチェーンを装着する時には、路面状況は非常に悪くなっています。

 

 

練習で乾いた路面で装着する時とはわけが違います。

 

 

そこで自分の体が濡れないように、そして滑らないようにする装備がタイヤチェーンを確実に装着するポイントになります。

 

 

雨合羽を上下着れば、膝をついてタイヤチェーンの装着ができるので、体が安定してしっかり装着しやすくなります。

 

 

また、セット内の軍手では濡れて手が冷たくなりタイヤチェーンが最悪取り付けできなくなります。

 

 

そこで厚手のゴム手袋を用意すれば、手がかじかむことなくタイヤチェーンの取り付けが可能になります。

 

 

雪国に出かけるときには、タイヤチェーンのセットだけ車に乗せるのではなく、ぜひ上下セットの雨合羽と厚手の手袋も忘れないようにしてください。


水没車

ズバット車販売

 

水没車を掴まされないために

 

 

近年、水害が多く発生して、残念ながら水没車となってしまうクルマが非常に多いです。

 

 

室内まで浸水したり、エンジンが水に浸かったりしたクルマは日本国内で中古車として流通することはまずないです。

 

 

 

しかし、水没車の中には僅かに浸水して水が引いた後に何事もなかったように動くクルマもあります。

 

 

このクルマの中にはプロでも判らずに、中古車として流通させてしまうことがあります。

 

 

 

なぜプロでも流通させてしまう可能性があるのかというと、水没といっても室内のフロアが少し湿る程度の水没で、持ち主がクルマを乾燥させて何事もなかったように買取店に販売することもあるからです。

 

 

 

このように軽微な水没のように見えても、フロアのカーペットの下の鉄板やそこに貼ってある防音用のスポンジに水が浸み込んでいれば、深刻な錆の発生が懸念されます。

 

 

 

このほか、カビ臭さが時間を追うごとに強くなってきたり、完全に乾燥できていないカーペット下の配線が結露して、配線を腐食させて車の電子機器にダメージを与えることもあります。

 

ズバット車販売

 

そこで、こういった隠れ水没車を見抜く方法は、クルマの履歴を確認することです。

 

 

これは、お目当てのクルマがどこで使用されていたかで判断できます。

 

 

中古車販売店で使用されていた地域を教えてもらうこともできるので、そこから水害と関係があるかどうか知ることができます。

 

 

ここで、水害と関係のある地域のクルマとわかったらそこで諦めたほうが良いでしょう。

 

 

 

 

しかし、お目当てのクルマの数が少なく、他で巡り合うのが難しいような場合は、クルマを点検して水没の有無を確認します。

 

 

その方法は、中古車店に不安となる水没について理解してもらい、一緒に確認作業をします。

 

 

この時に確認すべき部分はサイドシルです。

 

 

サイドシルとは一般にサイドステップなどと呼ばれる部分です。

 

 

この中は袋になっており、水が浸入すると乾燥しにくく錆がもっとも発生しやすい部位となります。

 

 

そこで、ドアを開けてステップのトリムを外して水がサイドシル内に侵入した形跡がないか点検します。

 

 

この他にもカーペットの下のインシュレーターが湿っているかいないかで確認できます。

 

 

水没車をつかまされないために、車探しのプロである、スマートカーライフプランナーに中古車選びをしてもらうのもおすすめです。

 

スマートカーライフプランナーがいるのはズバット車販売

 

ズバット車販売の公式サイトは↓↓こちら↓↓

ズバット車販売